神奈川県|横浜の不動産登記の注意点

【無料の企業PR広告】
■該当件数23件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 司法書士安西綜合事務所

横浜の不動産登記の注意点


横浜は、東京近郊で通勤、通学に便利な立地から、人気の住宅地も多い地域です。
 そのため、不動産の価値も東京に次いで高いエリアが多いですが、不動産登記の登記費用は不動産の評価額を基に決まります。
 登記費用の大半を占める登録免許税は、土地の課税標準(実際の売買の金額や時価ではなく、市役所が決めた金額で、固定資産税の課税通知に記載されています)に、登記事項の種類によって決まった税率をかけて決まります。子の税率は、例えば、自由意思で決める売買よりも、不可抗力の相続のほうが低いなどとなっています。
 登記は自分で申請するか、司法書士に委任することができますが、登録免許税はどちらの場合も同じようにかかります。